西山経営研究所は「医薬品GMPの高質なコンサルテーション」をテーマに活動しているコンサルタント事務所です。主な業務は、GMPセミナー/教育訓練、GMP監査/診断、組織活性化の支援です。企業内技術者の人材育成を全力でサポートします。


 

お知らせ

 

   NEW  GMP監査員養成講座2022(7月コース)の受付を開始しました
GMP監査員養成講座2022年版は、カリキュラムと内容をアップデートして改訂しました。より多くの情報を座学で学ぶことができ、かつ査察トレンドを取り入れたワークショップになるように刷新しました。改正GMP省令がPIC/S GMPとの整合化を図ることになり、グローバルなGMP監査テクニックを学ぶことの意義がより高まったように思います。詳しくは受付URL(または研修企画書URLをご覧ください。


   改訂  グローバルGMP講座2022(7月コース)の受付を開始しました
改訂グローバルGMP講座2022年版は、アップデートと全面改訂により、内容を刷新しました。要所要所に指摘事例を追加しました。内容的には、2021年版に比べて20%程度ボリュームアップしています。ワークショップは、より実践的な取り組み課題になるよう構成しました。


 

人材育成塾:セミナー日程

 

 NEW   GMP監査員養成講座2022年7月コース(お申込み期間 4月~6月)
カリキュラムの再編成で情報量をボリュームアップ;よりトレンドを重視したワークショップ

2022年7月コースの日程は下表のとおりです。お申込み方法と講座の内容は研修企画書URLをご参照ください。
グローバルGMP講座2022年7月開始コース (期間:2022年7月~2022年12月)研修企画書URL 

 


 改訂   グローバルGMP講座2022年7月コース(お申込み期間 3月~6月)
約20%ボリュームアップ;アップデートと全面改訂による内容の刷新;より実践的なワークショップの演習課題

7月コースの日程は下表のとおりです。お申込み方法と講座の内容は研修企画書URLをご参照ください。
グローバルGMP講座2022年7月開始コース (期間:2022年7月~2022年12月)

研修企画書URL 


 

ダウンロードサービス

PIC/S GMP YOUTUBE講座 カリキュラム


製造現場の担当者のための基礎訓練用に開発したトレーニング教材です。

「GMPを学ぶ前に:GMPの精神と基礎知識」教材ダウンロード用リンク

  DVD教材販売開始(紹介ビデオ①と②)教材の詳細(案内書)はこちらから

①イントロ ②GMPの精神と基礎知識2のエンディング


一昔前に書いたCGMP構築の方法です。お蔵入りしてましたが再公開します。

「FDA査察対応 GMP 構築の手法」ダウンロード用リンク


コロナ禍でのリモート監査の需要に応えて作成した手順書です。

「リモート監査SOP」ダウンロード用リンク


 

主な業務内容

コンサルテーション 教育訓練/セミナー GMP監査/GMP診断 GMP教材

 

WEBで学ぶ*GMP教育訓練サイト

 

西山経営研究所の人材育成塾にようこそ

オンライン教育訓練講座を開設しました:

オンライン学習で、いつでもどこでも好きな場所でGMPを学びましょう。

コースはいくつかのタイプを構想しています。小モジュールでGMPの解釈を学んだ後で、理解度テストを行うタイプ(PIC/S GMPのYOUTUBE講座のようなタイプ);トレーナーによるプレゼンテーション中心のタイプ(海外のトレーナーのプレゼンは日本語字幕や逐次通訳が付きます);GMPの実践や遵守に役立つ考え方や論理的なアプローチを学ぶタイプなど、順次追加していきます。

コースごとに試聴用のプレビューがありますので、事前に内容をチェックしてから、購入することができます。

一度サイトにご訪問してください。以下のサイトの映像またはその下のURLをクリックするとサイトに入れます。サイトでの販売は、世界的に利用者が多く信頼性の高いプラットフォームの”Teachable”を経由しています。

 

GMP人材育成塾URL:https://gmpschool.ncogmp.com/

 

 

ここからは運営者のブログです

FDA情報,GMP情報ダイジェスト,ブログ,掲示板

Thumbnail of post image 170
B. 契約製造と品質マネジメント:既存ガイダンス

パラグラフ1(90~102)

Ÿ 製品所有者と契約施設の役割と責任に関して記載している重要ガイダンス;
FDA’s guidance for industry Coopera ...

ブログ

Thumbnail of post image 016

EUGMPとPIC/SGMPは、委受託契約の中で品質(技術)契約を要件としています。この契約は、品質部門が関与しなければなりません。この文書はFDAのドラフトガイダンスですが、品質契約の要素が書かれていますので、これをもとに品質契約の ...

FDA情報,GMP情報ダイジェスト,ブログ,掲示板

Thumbnail of post image 083
ドラフトガイダンスContract Manufacturing Arrangements for Drugs: Quality Agreements

May 2013 CGMP 

本文書は、以下のサイトからダウンロードできま ...

GMP情報ダイジェスト,ブログ,指摘事項

Thumbnail of post image 107
5/17/13 Contract Pharmaceutical Services of Australia Pty Ltd

■2013/05/30 ホームページ掲載

web site 

WL#:320-13-16 ...

GMP遵守,ブログ,仮想製薬工場,品質システム,教育訓練

Thumbnail of post image 072

今回はよくあるFDA-483を紹介します。逸脱を無効化して出荷している例です。もちろん根拠がしっかりしていれば問題ありません。例えば「ラボエラーだった」というような例です。しかしこれらの事例は、無効化するための科学的根拠がありません。 ...

GMP遵守,ブログ,仮想製薬工場,品質システム,教育訓練

Thumbnail of post image 153

前回各領域で推定原因の調査をしました。その調査所見をもとに、「疑わしい原因」を絞り込んでいくのが今回のテーマです。今回はFDA-483事例を二つ紹介しています。いずれも逸脱調査の典型的な欠陥で、指摘頻度が高いものです。これらの事例は日 ...

ブログ

Thumbnail of post image 153
 Bringing an Over-the-Counter (OTC) Drug to Market

OTC医薬品もFDA査察の対象です。今後日本でもFDA査察が増加してくるのではないかと、個人的に感じています。長年OTC医薬品のFDA ...

GMP遵守,ブログ,仮想製薬工場,品質システム

Thumbnail of post image 186

前回の問題は明確になりましたか? そうですね。試験結果は公定書の規格に合格しているものの、社内で決めた規格には不合格でした。これが問題です。

このバッチをどのように扱ったらよいか、考えてみてください。

その答え ...

GMP遵守,ブログ,仮想製薬工場,品質システム,教育訓練

Thumbnail of post image 111
逸脱調査とCAPA

スライドに調査事例を示しました。

・分析結果が95.4%でした

・公定書の規格は90.0~110.0%です

・しかし社内規格は96.0%~104.0%です

これは何が問 ...

その他の情報,ブログ

Thumbnail of post image 107

この原稿は、ある雑誌に掲載する予定でした。その後に予定していた計画のタイミングが合わなかったため、没にさせてもらいました。今あらためて執筆履歴を見てみると、構想に2、3日かけて、誕生日に1日がかりでまとめた粗々原稿でした。思い出として ...