GMP組織の活性化と効率化をサポートする中小企業診断士


 


コンサルタント事務所 西山経営研究所

西山経営研究所は「医薬品GMPの高質なコンサルテーション」をテーマに支援活動を行なっているコンサルタント事務所です。

主な業務は、GMPセミナー/教育訓練、GMP監査/診断、人材育成のサポートです。

“Why”を伝えるコンサルテーション、組織や個人にマッチした個別対応、シームレスなフォローアップによる「”Learning Organization”(学ぶ組織)を目指したGMP組織の活性化と効率化の支援」をモットーにしています。

このホームページは、GMP査察をパスするための情報発信基地がテーマです。

GMP情報を掲載した「GMP情報ダイジェスト」、GMP査察対応のための情報を現場感覚で整理した「仮想製薬工場」、組織のあり方や活性化と効率化のヒントになる「GMP経営」を柱に、日ごろGMP遵守に努めている企業の現場教育・リーダーの育成に役立つ情報を発信していきます。


主な業務内容

コンサルテーション 教育訓練/セミナー GMP監査/GMP診断 GMP教材

PIC/S GMP YOUTUBE講座 カリキュラム


人材育成塾:オンラインウェビナー
今年の講座は「オンラインウェビナー」で実施します。


当所のウェビナーは、有料のZOOMオンラインウェビナーのライセンスを使用して実施します。ウェビナー参加者は、ZOOMのアプリをダウンロードする必要はありません。URL経由で視聴できますので、安全に参加することができます。




オンラインウェビナーイメージ

 


西山経営研究所 リモート監査SOP(粗原)

パスワードはブログ「リモート監査のSOP、1万字を超えてしまった」に表示中。

FDA情報, GMP情報ダイジェスト, GMP査察, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 指摘事項, 掲示板, 試験室

医薬品GMPに関するFDAのWarning letterを紹介します。今回の対象会社は、カナダのOTC医薬品製造施設です。

指摘は、1)試験記録(DI); 2)試験法; 3)安定性試験; 4)OOS調査に関する4項目です。 ...

ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 教育訓練

少しずつウェビナーに慣れてきました。まだまだ改善すべき点はありますが、なんとかここまでやってきました。

そこで、ホームページのウェビナーのイメージを更新しました。

6月12日に実施した「QA監督」の一部を切り抜 ...

FDA情報, GMP情報ダイジェスト, GMP査察, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 教育訓練

ご出席者の皆様、ありがとうございます。

 

登録者全員、無事参加できました。オーディオもうまく機能したみたいです。

FDA-483の回答に関しては、コンサルテーションとして、または社内セミ ...

GMP情報ダイジェスト, GMP経営, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム

医薬品品質システム(ICH Q10)で経営陣の責任を述べていますが、そこから始まったわけではありません。経営者は株主の利益のために行動すると同時に、組織の遵法経営の責任を有していることは言をまたないところです。

(R ...

ブログ

明日、サロンで少しだけスキームの説明をしようと思います。そのため、パワポを1枚作りました。明日のサロンでフィル共有して、説明します。教育訓練担当の方、お時間がありましたら、よろしかったらご一緒してください。

組織経営, GMP経営, ブログ, 仮想製薬工場, 教育訓練

先週のサロンで少しだけ話題になった職務記述書について考えてみました。

こんなに長い間必要と言われながら、なぜ未だに会社の課題になっているのだろう?とっくにデフォルトができて、それを採用するだけでいい状態になっていなければな ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 教育訓練

ご出席者の皆様、ありがとうございます。

無事、登録者全員が参加できました。オーディオもうまく機能したみたいです。

約3時間のセミナーで、前半はQA監督の概念、現場での監視や観察が必要な理由をお話しました。GMP ...

FDA情報, GMP査察, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 掲示板

製薬会社には、多分CDERの職員が査察に来ると思います。逆に医療機器会社には、CDRHの職員が査察に来るでしょう。両方のセンター向けに、このコンプライアンス・プログラムが発行されました。2020年6月4日ですから、日本時間では6月5日 ...

FDA情報, GMP情報ダイジェスト, GMP査察, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 指摘事項, 掲示板, 製造

今回の対象会社は、韓国のOTC無菌医薬品製造施設です。

この会社は、米国向けの当該OTC医薬品の製造を中止すると回答しましたが、現在米国で流通している製品に対する措置が不足していました。

指摘は、1)試験法バリ ...