GMP組織の活性化と効率化をサポートする中小企業診断士


 


コンサルタント事務所 西山経営研究所

西山経営研究所は「医薬品GMPの高質なコンサルテーション」をテーマに支援活動を行なっているコンサルタント事務所です。

主な業務は、GMP教育訓練/セミナー、GMP監査/診断です。

“Why”を伝えるコンサルテーション、組織や個人にマッチした個別対応、シームレスなフォローアップによる「”Learning Organization”(学ぶ組織)を目指したGMP組織の活性化と効率化の支援」をモットーにしています。

このホームページは、GMP査察をパスするための情報発信基地がテーマです。

GMP情報を掲載した「GMP情報ダイジェスト」、GMP査察対応のための情報を現場感覚で整理した「仮想製薬工場」、組織のあり方や活性化と効率化のヒントになる「GMP経営」を柱に、日ごろGMP遵守に努めている企業の現場教育・リーダーの育成に役立つ情報を発信していきます。


主な業務内容

コンサルテーション 教育訓練/セミナー GMP監査/GMP診断 GMP教材

PIC/S GMP YOUTUBE講座 カリキュラム


 

コスト/効率化, GMP経営, ブログ, 文書化

今届いたPDA letterをパラパラめくっていたら、おもしろいタイトルがあったので、紹介したい。なんと、「ビデオSOP」です。読み進んでいくと、今までのSOPと置き換えるわけではなく、例えば作業が細かく複雑で難しかったりするところを ...

GMP情報ダイジェスト, GMP査察, GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 指摘事項, 文書化, 施設, 製造, 試験室

FDAのWarning letterが掲載されました。

今回の対象会社は、インドの無菌原薬製造施設です。無菌APIの指摘は、久しぶりですね。無菌APIは、製剤と同等のGMPが適用されますので、指摘事項には製剤GMPのセクシ ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 文書化

この結果のルーチンのレビュー(定期的な再評価)と突発的な事象が発生した時のレビューが、リスクレビューとして継続します。

ここでは、なにも起こらなくても定期的に再評価するレビューと、品質システム関連の突発的な事象の発生に対応 ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 文書化

意思決定者がリスクを受容したら、この作業は一旦終了します。あとは、そのアウトプット、すなわち結果を報告書にまとめる作業が残っています。

その後は、リスクレビューで継続的なリスクマネジメント活動が行われます。

そ ...

ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 文書化

リスク低減策で、リスクのスコアがリスク受容レベルまで低減できたら、リスクを受容することになります。もし、低減策で受容レベルまで低減できない場合は、再度低減することを検討しなければなりません。

ですから、リスク低減とリスク受 ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 文書化

これは、番外編です。今、QRMの手順をブログに載せていますが、その前にブログに書いたものを再度掲載します。

「QRMの手順のはじめ」が、この「プロセスの開始」になります。ブログには載せているのでをすが、「GMPを勉強しよう ...

GMP遵守, ブログ, 品質システム, 文書化

正直言いますと、「リスク評価」のステップまで、個別に各ステップの手順を書ければ、「品質リスクマネジメント」はほぼ実践できる域に達すると思います。

ここからは、「ICH Q9を読んでも分からない」ということはないと思います。 ...

ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 文書化

リスク分析をしたら、次のステップはリスク評価です。ここまでがリスクアセスメントの段階です。

僕がICH Q9を読んでいてふと思ったことがあります。

リスク分析で点数付けすると、リスク評価とリスク受容の判断(低減 ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 教育訓練, 文書化

 

リスク特定、すなわち「ハザードのリスト化ができたら、次はリスクの分析です。左図のフローチャートのリスクアセスメントの段階のうち、赤枠のところが「リスク分析」のステップです。

ぼくの作成した手順は、例によって ...

GMP遵守, ブログ, 仮想製薬工場, 品質システム, 教育訓練, 文書化

いよいよ「リスク特定」です。左図のフローチャートの「リスクアセスメント」の段階のうち、赤枠のところが「リスク特定」のステップです。

ぼくの作成した手順は、例によって左図をクリックしてください。読める大きさになります。